G-WIN
試算表シミュレーションサービス
開発プロセス
A1
A1.コンセプト
このプロジェクトでやろうとしていることは What 利益計画ができるシミュレーションソフト。タブレット上にある試算表(例えば可視化された損益計算書)をピンチイン・ピンチアウトするだけでその他試算表(貸借対照表・キャッシュフロー計算書等)にその結果が反映される。
このプロジェクトをやろうと思った背景は Why 既存の試算表では数字の羅列に過ぎず、中小企業経営者・幹部も一般従業員も興味をもって読もうとしないし、自社の課題を見出すことができない。だからこそ、すべての試算表を可視化したいと思うに至る。
このプロジェクトはどのように実行していく How 1.試算表の可視化(数字ではなく、ボックスで表現させる)
2.1をタブレット上で可変できるようにする
3.2の可変した結果を他の試算表に連動させる
A2
A2.ペルソナ
役割(Role) 会計事務所 経営者
名前 鈴木一朗
性別 男性
年齢 42歳
出身 東京都出身
所属 会計事務所
役職 経営者
家族構成 妻と子供2人の4人暮らし
趣味 マラソン
情報リテラシー1 クラウド会計には興味があり導入しているが、本人はあまり使っていない。
情報リテラシー2 紙からの脱却を図るためにお客様である中小企業経営者にタブレットを使って説明することをいとわない
情報リテラシー3 家ではPCをあまり使わない。
経営する会社概要1 職員数5名
経営する会社概要2 毎月経営者に会いに行って数字を説明するサービススタイル
A3
A3.ユーザーストーリー
Who(Role) Action Problem Benefit
What
なにをやるのか?
中小企業経営者 が、 直感的に試算表を読めるようになる できるようにする。 Why
なぜ必要なのか?
試算表を読めない という課題があり、 これができるようになることで、 試算表を直感的に読めるようになる になるからだ。
中小企業経営者 直感的に会社の課題が分かるようになる 試算表を見ても会社の課題が分からない 未来のシミュレーションができるよう
中小企業経営者 どれくらい稼げば、どれくらいのキャッシュがたまるようになるのかが分かる 試算表では近い未来どうなるのかが分からない 未来のシミュレーションができるよう
中小企業経営者 銀行提出するためだけの利益計画ではなく、自分の意思で主体的に利益計画を作れるようになる 数字の成り立ちをイメージできないから、計画自体に意味を持たない 数字の成り立ちをイメージできるから、数字に魂がこもる
中小企業経営者 社員に会社の現状とこれからの未来を数字で伝えられるようになる 社員に客観的に会社の状況・未来を伝えられない 社員に論理的・客観的に会社の状況・未来を伝えられるようになる
会計事務所職員 付加価値サービスを提供できるようになる 同業者同士の価格競争に巻き込まれている 他会計事務所と差別化を図ることができるようになる
会計事務所職員 仕事をするのが楽しくなる
A4
A4.機能カタログ
11.認証 あり
12.組織・権限管理 あり
13.データ入力・フォーム あり
14.データ差分・履歴 あり
15.検索・ソート あり
17.通知・既読管理 あり
25.外部連携(API・SNS・DB) あり
30.印刷・プリンタ対応 あり
34.グラフ・ダイアグラム あり
41.ログ管理・データウェアハウス あり
46.API公開・データ公開 あり
69.帳票管理・文書電子化 Excel・PDF等に吐き出せるようにする
B1
B1.Drawing
B3
B3.Coloring
Sketchでカラーパレット作成
Sketchでカラーパレット作成
B4
B4.Markup
C
C.運営視点
C1.Team:チーム構成
チームメンバーは 総指揮:Iさん
システム:Tさん
デザイン:Kさん
セールス:Iさん
法務:Tさん
C2.Marketing:マーケティング要件
認知:製品の良さを伝えるコストは 自社リストと業界メディアを活用してLPを見せる
開始:流入経路は タイアップ・ジョイントベンチャー
定着:継続率向上と課金率向上の施策は 他社情報を活用する
離脱:どのように辞めて、どのように復帰するか データ連動を容易にできるようにユーザビリティを高める